h_402mjad117ps
白石陽一は念願であった教師となり、仕事面では充実した日々を送っていた。
その反面、プライベートな部分が犠牲となり、彼女が出来ないまま数年が過ぎて行った。
だが、赴任先が変わったことにより転機が訪れ、今では可愛らしい彼女がいる。
稲垣紗衣。彼女は陽一の教え子で、文武両道な優等生タイプである。
朝起きるたびに夢ではないかと疑う陽一であったが、
紗衣の作る朝ごはんの匂いで、幸せを実感するのであった。
紗衣は頻繁に陽一の部屋に訪れて食事を作りに来る。
だが、今日の紗衣はいつもと違う雰囲気である。
よく見ると紗衣はエプロン以外に、何も身につけていなかった