ため息しか出ない様な憂うつな朝を、寺島円は迎えていた。その原因は目の前の光景にある。
女の子達に囲まれ、モテモテの状況に満更でもない顔をしている辻井。
コーチとしての辻井を慕って転校してきた円は、そんなことにうつつを抜かして
全く自分を見てくれないことに心を痛めているのであった。辻井は相変わらず状況に
流されることに弱く、またしても生徒とHな関係に至ってしまうのであった。
弓道場で円は辻井への気持を確かめる様に弓を射つづけている。
次々と浮かんでくる辻井との日々。そして円は辻井の事を尊敬するコーチとして以上に、
一人の男として愛していることに気付く。