「ボクは、ずっと、この瞬間を待っていた!死ぃねぇえええっ!!」
深夜の公園で青い光が一筋上空へと伸びていく。
麗女にして天才・リン=カイフォンの放つレールガンに焼き殺されるキマイラ達。
彼女の瞳から零れ落ちる涙すら蒸発される高温の中で、
忘れ難き激しい凌辱の過去が明かされる。