森本レオナと音川沙織。まだその存在を意識していなかった二人。
社交部の部室では、運動部員たちと社交部女子たちが入り交じり、
 レオナの思惑どおり、全支配に服従した光景であった。
 「皆さんに、狩りでもしてもらいましょうか」という命令にやがて 文化部にその鉾先が向かい
命令無視の者には容赦なく罰をくだした。
やがて、次々と連れ込まれる生徒の中に、眠らされた沙織がいた…
浣腸器を尻に突っ込まれ、あの沙織が本能に目覚めた。